知らないと損する

知らないと損する本竈で美味しく食べる方法

皆様、こんにちは

本竈松本久です。

いつも見てくれてありがとうございます。

本竈の美味しい食べ方をお伝えします。

 

◎本竈といえば、やっぱり海老わんたんです。

本竈の18年間、変わらぬ美味しさは海老わんたん麺だけです。

18年も経つといろいろ変化があります。

基本のスープまでも変化してきました。

しかし…

海老わんたんだけは変わらない味です。

◎塩か?醤油か?

本竈ブレンドのだしをご堪能したい方は塩

バランス重視で食べたい方は醤油

本竈ブレンドは昆布二種類、魚だし二種類、あとは国産の原木栽培の乾ししいたけだけでだしを取っています。

このだしの香りと旨味を堪能したい方は塩でしょう。

また醤油ラーメンの醤油は秋田県石孫本店さまと宮城県鎌田醤油さんの丸大豆醤油をブレンドして、他に何も足さずに一定の温度で熟成させることで出来上がっております。

ちなみにこの手法は全社員さんと一部の独立した店主には伝授しております。

このバランス重視の醤油ラーメンを是非!一度ご賞味くださいませ。

☆ここまでの結論

海老わんたん麺塩味がおすすめです。

本竈の良さは「だし」と海老わんたんです。

全部入りとか、つけ麺とか、いろいろ有りますが、まずは海老わんたん麺塩味をオススメさせていただきます。

でももしも、塩味では薄く感じた方には醤油味をオススメさせていただきます。

丸大豆醤油のうま味は素晴らしく、醤油ラーメンとしてのバランスは絶妙です。

◎本竈の叡智は

本竈では

×美味しければ良い

×パクればいい

という考え方を排除しております。

大事な事は

○健康的なラーメン

豚骨スープや鶏白湯などは以前作っていました。

しかし、お客様の健康やスタッフの健康を考えると食材や味を選びたいと思っています。

○食文化の貢献

魚だし、昆布などの乾物業者様への貢献、応援をすることです。

古式製法で作っている醤油屋さんもそうです。

ちなみに今、岩切本店で御提供させていただいている羅臼昆布と鯛干しの塩鶏そばの

○だしの知識

味の相乗効果を基準に仕込みをしております。

本竈ブレンドのだしも魚だし、昆布、乾ししいたけの相乗効果です。

また、今、本竈エスパル仙台店で御提供中の濃厚煮干しつけ麺も野菜のグルタミン酸を出したくて、大量の玉葱、人参、セロリ等をまずは焼いてから煮込んでおります。

今度、岩切本店で御提供させていただきます濃厚海老つけ麺はトマトも追加してグルタミン酸を強化した味になっております。

本竈の叡智として話しを戻して説明すると

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です